韓国で自毛植毛

今日で自毛植毛をして9日ですが、
植毛箇所の変化は特にないですね。

坊主頭にした毛がただ少し伸びた程度です(笑)

今回は二泊三日で行った韓国植毛旅行について書こうとお話します。


僕が韓国に行ったのは先月27日

羽田空港を出発して二時間程度で韓国の金浦空港に到着

出口を出たところにアテンダントさんが僕の苗字を書いた大きなネームボードを持っていてくれたので、
スムーズに合流できました。

初日はクリニックには行かず、そのまま宿泊先であるホテルまで地下鉄に乗って移動

ホテルまでは大体一時間くらいだったかな?

初日はホテルでじっとしていました、道に迷ってもどってこれなくなったら困るので(笑)

食事は近くのコンビニで買って済ませましたね。

二日の朝、アテンドさんがホテルのロビーまで向かえに来てくれて、一緒にクリニックへ。

クリニックへは地下鉄でも行けるんですけど、タクシーで行っても5000ウォン(日本円で500円くらい)だったので、
タクシーでクリニックがある、カンナムへ。

カンナムは日本でいうところの銀座っぽいところで華やかな街です。
でも道行く人の年齢層は若いかな?
アテンドさんに聞いたところ整形美容クリニックが沢山あるとところみたいです。

そしてクリニックに到着。

到着してすぐに問診表?的なものを記入して、別室に案内されました。

そこでは女性医師の方が僕の頭髪状況を診る&写真撮影

その後また別室に案内され今度は施術を担当してくれる先生の診断です。

事前に行った日本でのスカイプでの診断の通りM字部分を埋めるため1400グラフトを植毛する事と、
施術の流れ、施術後の頭皮ケアなどを詳しく説明してもらえました。

僕は坊主頭にしてからの施術(FUE)だったので別室でバリカンで刈られることに。

そしていよいよ施術です。

結構淡々としててあっという間に施術の時間です(笑)
予約していたので当然といえば当然ですが。

施術内容はうろ覚えなので詳しくは書きませんが、

とりあえず麻酔の注射が痛かった…プスプスっと何度も><

印象としてはそれが一番強いですね。
最初後頭部に注射された時はめっちゃ痛かったので、
前頭部の注射の時も覚悟していたのですが、なぜか前頭部の注射の時はあまり痛みは感じませんでした。
なんでだろ?

痛いのは麻酔の注射だけで後はスポスポと後頭部から毛を採取されたり、
M字部分にスリット?を入れられたり、丁寧に植え込みをされたりしたのですが、
痛みは感じることはあまりありませんでしたね。

そんなこんなで採取に二時間、休憩昼食を挟んで植え込みに二時間くらい掛かって施術終了です。

術後は麻酔の影響か少しフラっとしましたが頭部に痛みは感じませんでした。

後頭部を移植部にガーゼをあててもらいニット帽をかぶせてもらいクリニックを後にします。

術後安静にということだったので二日目もホテルで読書などをしてゆっくり過ごすことに。
テレビ番組は当然のごとく韓国語なので見ても面白くないので。。

三日目もシャンプーをしてもらうためにクリニックへ

このシャンプーが辛かった…

やさしく採取部を洗ってもらうのですが、

めっちゃ痛い!!
心の中で「痛ってぇ~~」とずっと叫んでましたねw

感じ方に個人差はあると思いますが、僕は麻酔の注射より辛かったです。

注射と違って身構えてなかったからかもしれませんが(笑)

シャンプーが終わってクリニックを後に。

そして帰国の時間を迎えて金浦から羽田へ。

とまぁこんな感じの二泊三日の旅でした^^

コメントを残す